Lake Suwa car festival – Nov 2017

Sugiyama-san has given me permission to post this. It is in Japanese and I wanted to keep it original because I wanted to be through his scope.

 

参加してるみんなをビックリさせてみようと

♪何も言わ〜ずに
この続きはまたあとで(笑)

カーフェスタ諏訪湖に出掛けました。別件で休みを取ってましたが、外務省からビザが発給されたので出掛けることができました!

エルグランドで行くかモコで行くか悩んだ挙句 どーせひとりだし 今日はお忍び?ですからとモコを選択 実はモコにとって我が家に来てから初めての県外脱出の長距離走行!

ナビもないのでタブレットのグーグルナビが道先案内人ですが、出掛けから絶不調!道中もGPSを補足しなくなったり不安だらけです…

まぁ会場近辺が分からないだけなのでその頃にはどうにかしてくれたらと思い、走り慣れた道を行きます。

木曽路は紅葉めいてきましたね この時期と新緑の時期に走るのが好きです。

途中木曽路から権兵衛トンネルを抜けて さすがに時間がヤベーってことになり

ちなみにモコで高速を走るなんてことは毛根 いや毛頭なかったのでETCなんぞ付いてません 一般から入場なんて何年ぶりやら…

 

 

たまらず記念撮影(笑)

本線に入りさぁ頑張ってもらいましょう!あら?意外と走る ちとうるせーけど軽自動車だ仕方ねぇ でもラク 少し音大きめでお気に入りの曲かけてりゃ耐えられるレベル

しかし 待ち構えていたのは工事渋滞!

からのぉ〜

片側完全封鎖の交互通行 天下の中央道が1車線???

更に予定より遅くなり?諏訪インターを降りてナビを頼りに会場行く道すがら、消防署でなんか催し、高校の書道部らしき集団が何やらブルーシートの上のでっかい半紙に書き上げてました。

こんな時期だし多分

「火の用心」

と言ったところでしょうか?たまたま写り込んだウィングロードも見かけなくなったなぁ…

そんなこんなでようやく到着。入り口も分からず会場周辺を少しさまよってました(笑)

工場跡地とは話には聞いていたけどぎりぎり廃墟感。廃墟好きにはたまらないかも えぇ自分も嫌いじゃありません。

オカルト的なものは苦手ですが、昔の賑わってた様子を思い馳せながら、今ある空虚感などそのギャップを楽しむことが好きです。

中に入ろうとすると、ちょうど参加してたじんさんと出会い、ビックリしてました。作戦成功!来ちゃった(笑)

中に入りましょ

 

 

早速並んでいます。上の明り取りの窓がキレイに差し込んで、曇り空なのにやたら調子よく写ります(笑)

ここにドラム缶や山積みの段ボールとかあると何かの取引場所か監禁場所みたいな光景ですね

 

と思っていたらそうだったんです!

さらばあぶない刑事の初めの方のシーン ブラックマーケットに潜入?突入?捜査するタカとユージのワンシーン

ここがその舞台だったのです。エキストラに参加したじんさんがおっしゃるには、

この奥の方でR34がスピンターンをキメていたとか…そしてこの場所にセットを建て込むと…

こうなります。

中二階みたいな場所があってそこから下に向けてカメラを回していたそうです。

さて軽く見て回り

並んでいます!前期に後期にM30!ミーティングでおなじみの光景なのにやっぱりテンション上がりますね。

ちょうどこの列の中ほどでしゃべっていたF31@4753くんに2度見されました(笑)

他のみなさんもいきなりの登場にリアクションいただきまして作戦?成功です(笑)

でも自分も白豹☆さんがいらっしゃるのにビックリでした!

さてさて一番最後まで行くと、あら???

セフィーロ! しかもフルノーマル!誰かと思ったらおいっちょさん、今回はセフィーロでの参加!透仕様ですね。

しかも今となってはなかなか見かけないフルノーマルの車両 ローレル同様にドリ車として淘汰されていった中 このコンディションであるのは珍しいです。

ここからはダイジェストで
改めておいっちょさんのセフィーロ。普段は前期港3号仕様(紺ツートン)ですね。

F31アルティマンさんのNEWマシン!こだわりのオールペンであぶ刑事らしいゴールドを再現されています。濃すぎず薄すぎず絶妙な発色です。全国には間に合わず拝見できなくて残念でしたがまさかここで拝見できるとは思ってもみなかったです。

たまらずテールからも1枚 港303ですねこりゃ

 

じんさんの港302仕様 息子さんもどっぷりな英才教育です。小さな刑事さんが巡回してました(笑)

 

おなじみの横さん号 じんさんと同グレード同仕様なので見分けがつかないかもしれませんが、豹が光るグリルのエンブレムがポイントです。

今年は三回会う約束をしたのですが、なんでかんで五回会うことができました!(笑)

も○さんの前期XS-2キレイに磨き上げておられます。黒はホントに大変なんですよね。エルグランドデカすぎてめんどくさいです(笑)

意外と見かけることのないモノトーン後期ワインレッドの中○さんのXS M30は逆にモノトーンが多いですが当時は猫も杓子もツートンなご時世でしたしね。

おなじみ?レパード乗りYou TuberレパードLOVEさんの後期 助手席ドアはタカが足で閉めた仕様(本人談)だとか…モノは考えようってやつですかね ネガティブシンキンな自分にはムリっす

腰回り…もとい足回りをリフレッシュしていい感じに下げられた車高がカッコいいです!純正アルミのままで車高下げてもサマになる車ってなかなかないですよね。レパードもその一台と常々思います。

 

お次の車をと思ったら退場待ちの間に移動して撮影会していたので写真はコチラ!

KENBOUさんの前期またまた仕様!もう説明不要!ただしこの仕様は見納め?になるとか…カスタムバージョンも楽しみにしています。

知っている方は知っている。知らない人は全く知らない?Y○さんの後期アルティマターボ もう15年近くのお付き合いさせて頂いております。シンプルなのにキレイにまとまったカスタムは他のオーナーさんもこうしたいとお手本?になっておりました。

今回お初になりました○川さんの前期カスタマイズ。自分と一回り歳が違う…自分のほうがジジィ?です(笑)

実はこのお車、過去にF31アルティマンさんのブログに出たことがあるんです。まだ売り物として出ていた時期に…詳しくはF31アルティマンさんのブログ探してみてください。

今回の発起人?にして今年の全国ミーティング実行委員長のM30。

大ネタ小ネタ満載のスペシャルマシン!それもご自分で組み上げるんだからスゴイです。

トリは田○さんのM30 画像に写っていませんがサイドに入ったストライプが
m________________30となっています。
以前乗っていたレパードは
頭ーーーーーーーーー〜←尻尾
と豹をモチーフにしたストライプを貼られていたとか…覚えがなかったです…

 

さてKENBOU君を皮切りに退場待ちの間思い思いの構図で撮影会。先のKENBOU君のように

あぶない刑事コラボ

今回のベストショット!下から「舐め上げる」様に撮影したらいい感じになりました(笑)

さてさてスタッフさんの退場の掛け声にパレードのごとく外に出て、暖を取りに?みんなで移動です。

 

 

帰る頃には日もとっぷり暮れてました。イベントシーズンも終わりを告げるような寒さになりました。

帰りは外務省からの帰国勧告で急いで帰宅。全線高速の大爆走…当然高速代は後日請求されます…

楽しかったあとの現実とは非業なモノです(泣)

また来シーズンもたくさんの交流ができたらと思う一日でした。

今回も
♪付き合ってくれて サンキュ
で、冒頭のフラグを閉じたいと思います。ありがとうございました!

 

original – http://minkara.carview.co.jp/userid/790626/blog/40688671/


 

Sugiyama-san and I have have met a few times, but we had a great time at the All Japan Leopard festival. Thank you my friend for another great experience!

Datsun meeting – Hayward 2017

Jeremy mentioned on the Bay Area Datsun’s FB page about getting some people together for a meeting. I decided to go check it out and take some pictures.

 

At around noon, people went on a cruise. I got called back into work, so I left.

Very nice to see some cool cars, some I’ve seen at the local shows.

 

BACK

Infiniti Carphone part II

 

Out of pure interest, I started to look online about carphones. There are some awesome articles written on TTAC and a few other blog sites.

When I searched, I didn’t find anything on 1990 Infiniti’s and carphones.

So I decided to look at carphones to try and find what kind of phone this is. I came upon a page doing a review on Motorola phones on youtube, the channel is called Brickcellphones, but here is the video

https://www.youtube.com/watch?v=QzaclYEPJ9E

I started to look closely at the phones and it looked exactly like the Motorola Micro TAC. While the design is pretty spot on, the flip down part didn’t have Motorola. Infact, when I looked all over the phone, I didn’t see anything related to Motorola.

In that video, I guess I got intrigued with the LED display and I wondered what this phone would be if I could charge it. I went to my car real quick and got the phone.

 

Upon taking out the battery, I started to inspect it more. On the back, I saw the model number: 999Q5SD008

I decided to quickly pop that in google and infinitiparts had it!

 

 

$1623.25!!!!!!!!!!

LOL. Insane!

 

Here is another:

 

$1530.60 with No battery!!!!

 


 

Still, I had no distinct markings of who made it besides the “Compact Communicator”.

The only thing I see is “MFG in USA for NMC in USA”. I suspect that is Motorola, but nothing with NMC came up on Google. Maybe it was Motorola’s old name. I found the FCC ID and I typed it in and found it to be Motorola!

Okay, so that is solved.

No I just gotta find a charger!

 

Sergey in Russia

I recently got in contact with Sergey. He had picked up a Blue Zenki Leopard. I asked him about how he came about it and this is what he said:

 

So the story is following:
The car has been imported to Russia in 1998, and since that time has only one owner (before me). That was a family not far from Chelyabinsk. It came to Russia with the mileage app. 205-210.000 km’s – because of the feature with the dashboard it was easy to sell as “rather new car” to the usual people. It hasn’t been used much, but it has been used really rough – the rear suspension is in really poor conditions, full rebuild is required. Now the mileage is 249.000 km. In 2011 the wife of the owner has damaged the car a bit – right headlight has been broken. They couldn’t find any new headlight, so they’ve decided to sell it. But there were no potential buyers – that’s why the registration of the car has been cancelled in 2012 (because they didn’t want to pay the taxes). The car has been sold by parts slowly, and dying in the barn. We’ve found in this autumn – with no front bumper, brake calipers (front and rear), door windows, broken AT. However, the engine was going well, so we’ve decided to buy it and restore it a bit.
The paint is close to be original, but it’s not – the original one is bit darker and not that shiny. Bottom part is done with the cheapest paint.
As soon as I’ve got my hands on it and done the inspection – the only good things were the body, engine and interior. Other stuff is rotten or broken.
Now the car is in Moscow, and most of the needed parts are found. It can even bring me easily to the short distances.
The car:
F31 Zenki XJ-II with VG20E inside. I suppose that it’s the basic version, only with addition of Puretron.
The fact that he picked up a project and is on a mission to restore it is amazing!

Convertible top mechanism trouble shoot write up

Sometimes there is a simple fix if you find a convertible that the top can only be lowered or raised by hand. Start by pushing the ‘top down” button.  If you can hear the actuators above the windshield and the top will release, you are half way there to an easy fix. Nine out of ten times the problem is that one or both of the connecting rods on the top stack hydraulic cylinders are broken.

You can remove the connecting rods without removing the interior panels below the side windows. Simply get a couple of small vise grip pliers and unscrew the broken connecting rod from the cylinder shaft. Re-attach the connecting rod with the clevis and cotter pin to the top frame.  These are only about $8 each.